ブログ

不動産投資に関する意識調査

投資用物件の買い時感については、「買い時だと思う」(40.1%)と「間もなく買い時が来ると思う」(16.2%)を合わせると56.3%が買い時と回答。前回調査(平成26年5月)より2.3ポイント減少。「買い時はしばらく来ないと思う」が前回調査より2.3ポイント増加し43.6%という結果となった。

1年後の不動産価格の予測は、「上がる」が55.6%と前回調査に比べ4.1ポイント増加、「下がる」の9.8%を大きく上回る。

1年後、不動産投資に対する融資(ローン)金利予測では、「金利は上がると思う」が26.4%と前回調査から10.7ポイント減少。「ほとんど変わらないと思う」が前回より10.6ポイント増加し、70.1%という結果となった。

この先の1年間で投資をしたい投資商品(複数回答)については、「不動産投資」が66.1%、「株式(日本株・外国株)」が47.6%、「REIT(不動産投資信託)」が25.8%。また、「海外不動産投資」も11.4%あった。

不動産投資のメリット(複数回答)については、「安定した副収入が得られる」が最も多く65.4%、次いで「資産形成(拡大)が図れる」56.7.%、「キャッシュフローによる運用益が得られる」が52.0%。

不動産投資に対する、今後の中長期展望では、54.5%が投資用物件の買い増しを検討したいとなっている。

投資用物件の購入を検討する上で重視するポイント(3つまで回答)は、1位「エリア・立地」84.5%、2位「利回り」63.8%、3位「価格」58.1%。

これから購入を検討したい投資用物件のエリア(3つまで回答)では、東京都都心5区が51.7%、東京その他23区が55.4%、東京都市部が25.0%、神奈川県横浜・川崎エリアが34.1%と、東京23区・横浜・川崎エリアの人気が高い。

これから購入を検討したい投資用物件の種類(複数回答)では、1位が一棟マンションで48.9%、2位が一棟アパートで48.7%、3位がワンルーム区分マンションで32.3%。

また、相続税対策について、「実施済み・検討」が58.4%。相続税対策として効果的だと思うものは「不動産を活用した対策」が83.2%となった。

RQ市民災害救援センター

Because I am a Girl 世界の女の子たちに、生きていく力を 国際NGOプラン・ジャパン

東北地方太平洋沖地震 義援金