ブログ

新設住宅着工戸数、8ヵ月連続で増加

国土交通省は30日、2021年10月分の建築着工統計を公表した。
 新設住宅着工戸数は7万8,004戸(前年同月比10.4%増)と、8ヵ月連続で増加した。新設住宅着工床面積は639万平方メートル(同11.4%増)と7ヵ月連続の増加。季節調整済年率換算値は89万2,000戸(前月比5.6%増)と、3ヵ月ぶりに増加した。
 利用関係別では、持家が2万6,840戸(前年同月比16.6%増)と、12ヵ月連続の増加。貸家は2万9,822戸(同14.5%増)と8ヵ月連続の増加。分譲住宅は2万836戸(同0.6%増)と増加に転じた。うち、マンションは8,436戸(同14.9%増)、一戸建て住宅は1万2,284戸(同15.4%増)。
 三大都市圏では、首都圏が総戸数2万6,843戸(同14.7%増)。内訳は、持家5,830戸(同20.6%増)、貸家1万2,409戸(同22.8%増)、分譲8,359戸(同0.6%増)。中部圏は総戸数9,044戸(同6.1%増)で、うち持家3,891戸(同12.2%増)、貸家2,618戸(同10.3%増)、分譲2,445戸(同8.2%増)。近畿圏は総戸数1万1,753戸(同6.3%増)、うち持家3,446戸(同15.1%増)、貸家4,355戸(同13.0%増)、分譲3,887戸(同6.7%減)となった。

RQ市民災害救援センター

Because I am a Girl 世界の女の子たちに、生きていく力を 国際NGOプラン・ジャパン

東北地方太平洋沖地震 義援金