ブログ

2014年上期の投資用区分住戸の供給が増加しました。

楽待ニュース引用

(株)不動産経済研究所は6日、2014年上期(1~6月)と13年1年間の「首都圏投資用マンション市場動向」を発表しました。

14年上期に供給された投資用マンションは83物件(前年同期比13.7%増)、3,755戸(同12.8%増)と、物件数・戸数共に増加してます。

 
14年上期の投資用マンションの平均価格は2,623万円(同3.0%増)で、1平方メートルあたり103.7万円(同5.0%増)と、いずれも上昇しました。

供給エリアについては、都区部18区で前年同期の19から1エリア減小し、都下1エリア(前年同期と変わらず)、神奈川3エリア(前年同期比1エリア増)となっているようです。供給エリアは全22エリア(前年同期と変わらず)

また300戸超のエリアは江東区(535戸)、大田区(532戸)、品川区(367戸)、豊島区(353戸)、港区(310戸)の5エリアとなっています。

1戸当たりの平均価格は2,538万円(同6.5%増)、平方メートル単価は98万4,000円(1.7%増)。供給があったエリアは26エリア(同4エリア減)で、供給が多かったエリアトップ3は大田区(955戸)、江東区(631戸)、墨田区(538戸)

参考:㈱不動産経済研究所 https://www.fudousankeizai.co.jp/share/mansion/178/md20140806.pdf

東京オリンピックに向けての期待が、数字という確かな証拠で現れてますね。

現状で、都心部の投資用物件は品薄状態が続いておりますが、アサカホーム株式会社では皆様のニーズに合った物件をその時の市場から集めて参りますので、いつでもお気軽にお問い合わせ下さい。

RQ市民災害救援センター

Because I am a Girl 世界の女の子たちに、生きていく力を 国際NGOプラン・ジャパン

東北地方太平洋沖地震 義援金