ブログ

2014年分、路線価発表〈国税庁〉

6月30日に、国税庁から2014年分の路線価が発表されました。

路線価(ろせんか)とは、市街地的形態を形成する地域の路線(不特定多数が通行する道路)に面する標準的な宅地1m2当たりの土地評価額のことです。

今回の発表では8年ぶりに、変動率がプラスになり、更に東京都の銀座・新宿などの都市では大きく上昇しています。
この背景には2020年に開催される東京オリンピックへの期待などがあると見受けられます。

2014年からは、特に海外からの投資資本の流入が目立っており、昨年比で比べると3〜4倍に膨れあがっているケースもあるようです。

今後もこの動きが続いていくのかが肝心な所にはなりますが、現状で都心部での新築マンションの分譲が好調な事などを考えますと、
都心部での不動産マーケットの上げ潮基調は当面の間、維持していくと見受けられます。

アサカホーム株式会社では、更に良い物件をご紹介出来るよう努力しております。
不動産投資をご検討されている方は、是非、アサカホームにお申し付けください。

RQ市民災害救援センター

Because I am a Girl 世界の女の子たちに、生きていく力を 国際NGOプラン・ジャパン

東北地方太平洋沖地震 義援金