ブログ

1月の住宅着工12.8%増 五輪選手村建設始まり

 国土交通省が28日発表した1月の新設住宅着工戸数は前年同月比12.8%増の7万6491戸だった。プラスは7カ月連続。2020年の東京五輪・パラリンピックの選手村として使う住宅の建設が始まり、総戸数を押し上げた。季節調整済みの年率換算値は前月比8.4%増の100万1千戸と8カ月ぶりに節目の100万戸を超えた。

 持ち家は0.2%減の2万228戸、貸家は12%増の3万1684戸、分譲住宅は27.3%増の2万4061戸だった。選手村の宿泊施設は大会後にマンションとして分譲する予定。国交省によると、貸家と分譲住宅の増加分の半分ほどが五輪に絡む物件という。

RQ市民災害救援センター

Because I am a Girl 世界の女の子たちに、生きていく力を 国際NGOプラン・ジャパン

東北地方太平洋沖地震 義援金