ブログ

不動産投資は9割が安定志向、年収400万円未満が40%以上

「不動産投資に関する実態調査」によると、関心を持つ年齢は男女ともに平均34歳、物件は半数以上がワンルームマンションであることが分かった。

 不動産投資に関心がある人の9割以上は安定志向で、ハイリスク・ハイリターンと回答した人は8.2%に過ぎなかった。4割以上が「老後の年金の代わりとして」と答え、私的年金として期待しているとの結果が出た。

 年収は400万円未満が42.3%を占め、1000万円以上は6.8%。富裕層が行うリスクが大きい投資というイメージがあった不動産投資だが、若い世代から将来を考えて安定的に行う投資へと変化してきている。

アサカホーム株式会社では、こういった情報をもとに皆様のニーズにお応えできる物件を紹介できるよう、日々の努力を惜しまずに活動をしております。

お気軽にお問い合わせ下さい。

RQ市民災害救援センター

Because I am a Girl 世界の女の子たちに、生きていく力を 国際NGOプラン・ジャパン

東北地方太平洋沖地震 義援金