ブログ

「AIRBNB」を利用した不動産投資

「エアビーでまわす」。不動産仲介会社間のやり取りで、そんな言葉を最近聞くようになった。「賃貸物件をAirbnbに掲載し、ゲストハウスとして運用する」という意味で使われている。「Airbnb(エアービーエンビー)」とは宿泊施設のマッチングサイト。主に部屋単位で運営されているゲストハウスを、一般客に貸し出すものとして利用されている。

Airbnbはサンフランシスコに本社を置く非公開会社Airbnb, Inc.により所有、運営されており、設立は2008年。誰でも我が家の1室、所有する物件を気軽に貸し出せ、収益を上げられると、現在では192カ国の3万3000都市に80万室以上の宿を提供していると言われる。海外にはカウチサーフィンなど類似のサイトもあるが、日本向けにローカライズされたサイトがあるのは現時点ではAirbnbのみ。そのためもあり、空室を所有する人の間では新たな収益源として注目を集めているのである。

ところでこのAirbnb、「じゃらん」や「一休」といったサイトと違い、個人で物件を登録できるのが特徴だ。個人が賃貸マンションや一戸建てを借り、ベッドや家具等を備えて写真を撮る。周辺物件を見つつ、価格を決め、Airbnbに登録して後は反響を待つ。およその流れはそんな感じだ。

このサイトがメジャーになるまでは普通の人がゲストハウスを運営しようなどとは誰も思わなかった。できなかった。部屋を借りることや家具等を整える事はできても、集客ができなかったのだ。それが今、Airbnbに登録するだけで集客が可能となり、宿泊客とのやり取りや宿泊客が部屋をでた後の清掃等の手間を厭わなければ、ゲストハウス運営は個人でもできるように。ハードルは大きく下がったのだ。

■「エアビーでまわす」と収益が出るのか?

予約さえ入れば収益が出る計算となる。例えば京都でいえばJR「京都」駅、大阪なら各線「なんば」駅界隈で、グレードや築年にもよるが徒歩10分圏内で40㎡10万円位の賃貸マンションを見つけてゲストハウス仕様にするとしよう。

グレード次第だが、周辺のホテルが1泊8,000円、あるいはそれより安めの6,000円の設定として、そのうち、安めの6,000円の宿泊料を設定するとした場合、家賃100,000円÷宿泊料6,000円は16.6となる。つまり、17日以上すなわち月に6割程度以上稼働すれば、賃料はペイできる計算になる。もし、宿泊料金を7,000円とし、稼働率8割にできれば月々68,000円、収入が家賃を上回ることになり、数ヶ月で家具等の初期投資は回収できる。
立地と価格さえ間違わなければAirbnbを利用したゲストハウスは、今のところ収益が出るというわけだ。

もちろん、今後も海外からの観光客の増加などは続くはずで、ゲストハウス需要は無くなりはしない。むしろ増えていく。ただ、これから「エアビーでまわす」事を検討するのであれば、ライバルが増えても自身の部屋が選んでもらえるように考えることはもちろん、行政の動向を注視していくことも大事だろう。

RQ市民災害救援センター

Because I am a Girl 世界の女の子たちに、生きていく力を 国際NGOプラン・ジャパン

東北地方太平洋沖地震 義援金