月別アーカイブ: 2019年1月

(公財)東日本不動産流通機構(東日本レインズ)は1月22日、首都圏における2018年(2018年1~12月)の不動産流通市場の動向を発表した。
それによると、2018年の首都圏中古マンション成約件数は、前年比0.3%減の37,217件と、4年ぶりに前年を下回った。成約物件の1m2当たり単価は、首都圏平均で51.61万円(前年比3.2%上昇)で、6年連続上昇。すべての都県・地域で上昇している。成約物件価格は3,333万円(前年比4.3%上昇)で6年連続上昇。成約物件の平均専有面積は64.60m2(前年比1.1%拡大)、2年連続で拡大した。平均築年数は21.00年(前年20.70年)で経年化が進んでいる。
中古戸建住宅の成約件数は、前年比0.2%減の12,718件でわずかに減少し、2年連続で前年を下回った。成約物件価格は首都圏平均で3,142万円(前年比2.3%上昇)と4年連続で上昇。成約物件の平均土地面積は145.76m2(前年比1.3%縮小)、建物面積は105.82m2(同0.1%拡大)となっている。
新築戸建住宅の成約件数は5,266件(前年比2.7%減)で4年ぶりに前年を下回った。成約物件価格は首都圏平均で3,468万円(前年比2.0%下落)と、3年ぶりに前年を下回る。土地(100~200m2)においては、成約件数は5,962件(前年比0.5%増)。成約物件の1m2当たり単価は、首都圏平均で19.97万円(前年比1.8%上昇)で、3年連続で前年を上回った。

国土交通省は7日、「土地取引動向調査」(2018年8月調査)結果を公表した。土地市場の動向に大きな影響を及ぼすと考えられる主要な企業を対象に、半期ごと(2・8月期)に調査を実施しているもの。調査対象は、上場企業2,700社、および資本金10億円以上の非上場企業1,655社、うち有効回答者数は1,108社。
 「現在の土地取引状況の判断」についてのDI(「活発である」-「不活発である」)は、「東京」はプラス43.1ポイントのプラス(前回調査(18年2月)比7.3ポイント増)。大阪はプラス31.1ポイント(同10.7ポイント減)、「その他地域」マイナス2.7ポイント(同7.1ポイント減)となった。
 「1年後の土地取引状況の予想」については、「東京」がプラス33.4ポイント(同0.9ポイント増)、「大阪」は21.4ポイント(同4.8ポイント減)、「その他地域」はマイナス4.0ポイント(同6.4ポイント減)。
 また、各地域に本社を持つ企業に聞いてまとめた本社所在地の地価水準判断DIは、「東京」はプラス60.1ポイント(同1.3ポイント増)、「大阪」はプラス29.4ポイント(同1.2ポイント増)、「その他地域」はプラス1.5ポイント(同1.2ポイント増)とすべての地域で増加した。1年後の地価水準予想は、「東京」プラス46.7ポイント(同0.8ポイント減)、「大阪」プラス38.2ポイント(同12.0ポイント増)、「その他地域」プラス0.3ポイント(同3.2ポイント減)。