月別アーカイブ: 2014年11月

『宅地建物取引業法の一部を改正する法律案』が衆議院本会議において通過しました。

このことにより

一、安心安全な宅地建物取引を担う専門家として、ふさわしい業務の遂行等を図る観点から次の措置を講じる

 ①取引の専門家として公正誠実に業務を行うことを責務とする。

 ②宅地建物取引業に従事する従業員の資質の底上げを図ることを宅地建物取引業者の責務とする。

 ③宅地建物取引業者及び宅地建物取引士に係る暴力団排除規定を明文化すること。

二、宅地建物取引主任者の宅地建物取引士への改称

 私達も今まで以上に気持ちを引き締めて、レベルアップを目指す努力をしていこうと決意するニュースとなりました。
 今後とも宜しくお願い致します。

 政府内で経済対策づくりが本格化している。国土交通省は住宅購入者向けの支援策を検討。財務省はNTT株の売却代金の一部を対策の財源にする方向だ。

 国交省は、省エネ基準を満たす住宅を新築・改修した人に商品と交換できるポイントを付与する「住宅エコポイント」制度を再開する検討に入った。所得制限を設けず最大30万ポイント(1ポイント=1円に相当)付与する案が浮上している。政府が検討に入った2014年度補正予算案への経費計上をめざす。

 消費増税で低迷する住宅投資を下支えするねらいだが、新たな駆け込みとその反動減を助長するとして慎重論も根強い。実現には曲折がありそうだ。検討しているのは「エコ住宅支援制度」(仮称)。新築と住宅の断熱性を高めるリフォームを対象とし、期限は1年程度とする方向だ。これまで同制度は2度実施しており、実現すれば約2年半ぶりの復活となる。

アサカホーム株式会社では、こういった情報をもとに皆様のニーズにお応えできる物件を紹介できるよう、日々の努力を惜しまずに活動をしております。

お気軽にお問い合わせ下さい。

東京国税局が発表した東京都内の2014年分の路線価は前年比で平均1.8%上昇した。変動率がプラスとなるのは08年以来6年ぶり。都内の最高路線価は、中央区銀座5丁目の「銀座中央通り」で、1平方メートルあたり2360万円と9.7%上昇、29年連続の全国最高路線価となった。上昇率が最も大きかったのは新宿区新宿3丁目の「新宿通り」で9.8%。東京メトロ副都心線と東急東横線の相互直通運
転の効果とみられる。

※路線価とは
国税庁が発表する主要な道路に面した土地の1平方メートルあたりの標準価格(1月1日時点)。相続税や贈与税の算定基準となる。国土交通省が発表し、一般的な土地取引の指標となる公示地価より調査地点が多く、土地の相場を詳細に把握できる。 公示地価の水準の8割程度で売買実例も参考に算出する。

アサカホーム株式会社では、こういった情報をもとに皆様のニーズにお応えできる物件を紹介できるよう、日々の努力を惜しまずに活動をしております。

定期的に不動産セミナーを開催しているのと、個別相談も承っておりますので、ご興味が有りましたら、お気軽にお問い合わせ下さい。