カテゴリー別アーカイブ: ブログ

国土交通省は10日、「マンションストック長寿命化等モデル事業」(令和2年度第2回)の採択プロジェクトを公表した。
 今後、急増する高経年マンションについて、適正な維持管理を促進し、長寿命化に資する改修や建て替えの促進を目的に、先導性の高いマンション再生プロジェクトを支援する取り組み。
 募集期間は2020年7月1日~9月30日。事業前の立ち上げ準備段階に支援する「計画支援型」と、長寿命化等の改修工事や建替工事の実施段階に支援する「工事支援型」を募集した。

国土交通省は30日、2020年7月分の「既存住宅販売量指数」を発表した。登記データを基に、個人が購入した既存住宅の移転登記量を加工・指数化している。
 同月の指数は、合計・季節調整値106.2(前月比12.4%増、前年同月比6.1%減)。30平方メートル未満除く合計・季節調整値は100.0(同12.8%増、同6.3%減)だった。
 戸建住宅の季節調整値は106.3(前月比7.7%増)、マンションの季節調整値は104.3(同16.5%増)、30平方メートル未満除くマンションの季節調整値は91.2(同22.8%増)となった。

国土交通省は16日、賃貸住宅の管理業務等の適正化に関する法律(賃貸住宅管理業法)のサブリース関連規制(12月15日施行)の具体的な規制の対象を明示した「サブリース事業に係る適正な業務のためのガイドライン」および「賃貸住宅の管理業務等の適正化に関する法律施行規則」「賃貸住宅の管理業務等の適正化に関する法律の解釈・運用の考え方」を公表した。
 同法では、サブリース業者(特定転貸事業者)と賃貸オーナーとのトラブル防止のため、勧誘時の誇大広告や不当勧誘等が規制される。ガイドラインにより、誇大広告や不当勧誘について禁止される具体例や、行為規制の対象となる「勧誘者」の定義、サブリース契約にあたって重要事項説明書に記載し説明すべきリスク事項等を明確化した。重要事項説明や契約書面の交付にITを使う場合の留意点についても記載している。