カテゴリー別アーカイブ: ブログ

国土交通省は12日、「複数建物の連携による省エネプロジェクト2021」(令和3年度省エネ街区形成事業)として1件のプロジェクトを採択した。
 複数の住宅・建築物におけるエネルギーの面的利用により、エネルギー供給を最適化するエネルギーマネジメントシステムを導入し、街区全体で高い省エネ性能を実現するプロジェクトについて、建設工事費等の一部を支援する。
 採択されたのは、(株)関電エネルギーソリューションが代表提案者となる「須磨海浜水族園 再整備事業」(神戸市須磨区)。神戸市の須磨海浜公園の「Park‐PFI」による再整備計画。

平素は格別のご高配を賜り、誠にありがとうございます。
年末年始の休業期間について、以下お知らせ致します。
ご不便をおかけいたしますが、何卒ご了承いただきますようお願い申し上げます。

休業期間:2021年12月30日~2022年1月6日

国土交通省は24日、2021年11月分の建設着工統計を公表した。
 新設住宅着工戸数は7万3,414戸(前年同月比3.7%増)と、9ヵ月連続で増加した。新設住宅着工床面積は614万3,000平方メートル(同6.8%増)と8ヵ月連続の増加。季節調整済年率換算値は84万8,000戸(前月比4.9%減)と減少に転じた。
 利用関係別では、持家が2万5,329戸(前年同月比5.5%増)と、13ヵ月連続で増加した。貸家は2万6,819戸(同1.4%増)と9ヵ月連続の増加。分譲住宅は2万813戸(同6.5%増)と2ヵ月連続で増加した。うちマンションは8,239戸(同2.4%増)、一戸建て住宅は1万2,509戸(同10.0%増)。
 三大都市圏では、首都圏が総戸数2万2,835戸(同1.7%減)、うち持家5,232戸(同3.1%増)、貸家9,277戸(同5.2%減)、分譲8,222戸(同0.0%減)。中部圏は総戸数8,786戸(同5.6%増)、うち持家3,887戸(同12.3%増)、貸家2,662戸(同2.7%減)、分譲2,160戸(同16.6%増)。近畿圏は総戸数1万1,450戸(同5.4%減)、うち持家3,272戸(同3.1%増)、貸家4,455戸(同11.5%増)、分譲3,534戸(同24.9%減)となった。