ブログ

 近年、一つの賃貸物件に親族ではない複数の者が共同で生活するいわゆる「シェアハウス」と呼ばれる共同居住型賃貸住宅が、若年単身世帯を中心に注目を集めています。シェアハウスは、賃貸住宅の一種ですが、一般の賃貸住宅とは異なり、リビング、台所、浴室、トイレ、洗面所等を他の入居者と共用して、共用部分の利用方法や清掃・ゴミ出し等に関する生活ルールが設けられていることが多い点が特徴です。 このガイドブックでは、空き家等をシェアハウスとして活用しようとお考えの住宅所有者等に対して、シェアハウスの運営管理等に関する情報提供を行うものです。

 平成29年4月に公布された住宅セーフティネット法の改正法が同年10月25日に施行され、高齢者、低額所得者、子育て世帯等の住宅確保要配慮者の入居を拒まない賃貸住宅の登録制度など、民間賃貸住宅や空き家を活用した「新たな住宅セーフティネット制度」が本格的に始まりました。  

法務省は、分譲住宅地内などで複数人が共有する私道について、必要な同意の範囲についてガイ
ドラインを公表した。一部の同意でも工事を進められるケースを示すことで、共有私道の整備が進
めやすくなると期待している。相続登記されずに一部の所有者が不明になったために、支障が出る
事態を防ぐ。舗装の修復や公共下水管の設置など、典型的な 35 事例について見解を示した。実際の
補修工事などの行為がどれにあたるかの民法の解釈が明確ではなく、判例が少ないケースもある。
事実上全員の同意を得る運用になっていた。

RQ市民災害救援センター

Because I am a Girl 世界の女の子たちに、生きていく力を 国際NGOプラン・ジャパン

東北地方太平洋沖地震 義援金